読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンゴルマンの雑記

モンゴルマンの日記&小説

La ORcasta!!!⑮

La ORcasta!!!

《アトラスFCのKICK OFFです。》

三杉「行くぞおお!!」

《背番号10 三杉からのキックで始まります!!》


パスカル「…!」
三杉「…!」

《三杉から背番号9 コンダッタへ。そこから背番号8 アラン・パスカルへと渡ります!》


パスカル「…!」
パスカル「ファーナ!!ファーナ!!ファーナ!!バビントン!!」

バビントン「おうよ!!」


《展開して行くゥ!!》
《ティファナFCから背番号9 石崎が立ち塞がります!!》


石崎「邪魔させてもらうぜ!!パスカルゥ!!!」
パスカル「…!!」

《ねちこいマーク!!》
《しかし右サイドが空いているゥ!!すかさず!!おっと!!入るぞ!!入るぞ!!》
《アトラス背番号7に滝にマーク!!ティファナ背番号7 リ・ハンネ!!背番号6 リ・バンクン!!》

石崎「滝ィ!!仕事はさせねえええええええええ!!!!」

滝「…!!(二枚…!!)」

《背番号9 石崎!!司令塔のようにアクション・ジャスチャで的確に指示して行きます!!》
《ティファナ!!マエストロが二人だが必ず失敗しない!!モアスチャ!!》

滝「ヘイ!!」
三杉「ヘイ!!」
バビントン「ヘイ!!」


《あーっと!!変わらず!!攻めの姿勢変わらず!!キーピングはアトラス背番号8 アラン・パスカルゥ!!》
《これは進路方向シンクロニ・シティです!!ライトを滝!!トーラを三杉!!レフトをバビントン!!司令塔アラン・パスカル!!どう攻めても良い!!!!》


石崎「ボランティーア!!」

メオン「!!!」

《ティファナ!!アトラスの展開したフォ・ルランチに大きな盾で塞ぎに掛かります!!!》


リ・ハンネ「貰うぜ!!」
リ・バンクン「同じくな!!」
滝「(こいつらやけに動きがいいな…!!)」


滝「舐めんなぁああ!!!」


パスカル「行くぞおおお!!!滝!!!」


パスカルから滝にボールが渡ります!!ライン際の魔術師!!》


リ・ハンネ「こいつのデータは獲れてる!!」
リ・バンクン「ラインを塞がせて貰う!!」

《あーっと!!あーっと!!そうです!!マークが二枚付いていたのです!!ですがこれは危険ボールのように見えましたが…!!》
《滝!!躱します!!》

リ・ハンネ「なにィ!!」
リ・バンクン「ハンネ!!任せろ!!」


《背番号7 滝上がります!!上がる!!上がる!!上がるぞおおおお!!!!》

滝「…!!」

《早過ぎる!!これは二重の意味も在りますが…!!》
《しかし身体は流れていないッ!!綺麗なロビング!!》


三杉「ナアアアアアアイス!!!!!」


《背番号10 三杉淳!!待ち構えていた!!》


《渾身のオーバーヘッドキック!!ハイパーオーバーヘッドォォォォ!!》


メオン「…!!!」


《GOAL!!!!》


《アトラスに一点が入ります!!!!!》