読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンゴルマンの雑記

モンゴルマンの日記&小説

La ORcasta!!!⑫

La ORcasta!!!

バビントン「待ちに待ったぜええ!!次のゲームが決まった!!」

ガルバン「ティファナFCか。」
チェスター「ジャポネーズが居るチームだろ?」
三杉「日本人?」
バビントン「丸刈りのジャポネスが居るチームなんだけどな。これが強さにムラが有ると評判なんだが。」
パスカル「ジュニアユースだが全日本代表だった男だぞ。」
パスカル「何が厄介かと云うと声が異常に出ることだ。」

三杉「ひょっとして石崎って名前じゃない?」

バビントン「だろ!有名人なんだよこれが世界的に。」
パスカル「当たり。」

ガルバン「(何故かパスカルですら動揺している…)」

レナート「……!!!」

ガルバン「(何故か渾身のガッツポーズ…)」

滝「モーニン。よっしゃ練習頑張るぜ!!」
三杉「滝。ティファナFCと次回あたる。そこに石崎が居るらしい。」
滝「石崎って石崎了?アイツ意外とブラジルいったりメキシコ来たり根はサッカー大好きっ子だからなあ。」
滝「対策と言われると。声量がデカイから全部の行動がお見通しと云うか。」
滝「一番厄介なのは言葉が通じないのにデカイ声出すから味方も敵も委縮するって云う…」
三杉「あ!そうか!だから中学時代やたらとマークされていたんだ!!」
滝「そうなんだよ。石崎のヤツ体力だけは異常に有るからな。絶対歩かない。」
三杉「だから南葛は絶対的に体力があったんだな…」
滝「察した?」

パスカル「ほう。体力が無尽蔵にあると云う事なんだな?」
バビントン「ティファナFCのスタメン表見ると…背番号9とあるな。」
滝「マジ?」
三杉「最近の石崎知らないけどこれって滅茶苦茶脅威なんじゃないか!?」
滝「FWが声出す?」
滝「それはそれで行動がお見通しな気がするけど…」

ガルバン「(何か遠足前日のようだ…)」

レナート「…!!!」
レナート「滾るぜえええ!!!!」